玄関を配置すると良くない方位とは

住宅を新築する時に気になるのが玄関の方位になります。

家相では鬼門の方向に玄関があるのは良くないとされています。

鬼門の方向というのは北東の方角になり、
古くは中国で敵が攻めてきた方位が北東であることから
忌み嫌われてきた方位であったものが
日本に伝わった時には玄関を配置するのによくない方が良い
と伝えられるようになりました。

また裏鬼門と呼ばれる方位は南西の方角になります。
裏鬼門の方角も鬼門の北東の方向と同様に
玄関を配置するのに良くないと言われる方位になります。

実際に裏鬼門の方角は夏場に温度が異常に上昇してしまうことから
不快な温度になってしまいますですので
玄関を出入りするときにも不快な印象を持ってしまうという弱点があります。

北東の鬼門の方角は冬場にドアを開けた時に
一気に中まで寒い空気が入ってきてしまうために
とても温度が下がってしまう場所であるという弱点もあります。

元々は敵が攻めてくる方角であったものが
違った意味を持ってよくない方位とされていることになりますが、
家相を気にされる方は鬼門と裏鬼門の方位に
玄関を配置しないというのが多くなっているようです。




カテゴリー: 家相,家相 方位,家相 玄関 | Tags: , ,




家相 風水の上へ

最近の投稿

プロフィール

家相学を研究しながら家の設計に携わって30年になりました。家相学は根拠のあることで家の設計に十分生きてくることがわかりました。家相学研究室、一級建築士

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村