家相の良い家

家相風水で良い間取りというのがあります。

一般によく聞かれるのは玄関とトイレなどの方位を
鬼門の北東方位から外すということになります。

また南西の裏鬼門の方からも外しておくというのがよく言われるところです。

水回りや玄関などを鬼門から外すだけでなく
最も重要になってくるのが家の形状になってきます。

張りや欠けと呼ばれる家のでこぼこがない方が
現在の住宅の家相のチェックにおいては非常に重要なことになってきます。

というのは台風などの非常に強い風に耐えて
集中的な豪雨などに耐える家を作るのが
現在の住宅として重要になっているからです。

そのためにはバランスの良い家の形状で長期的に耐久力を上げる
ということと単純な屋根の形状にして雨漏りなどのリスクを
なくしていくというのが必要になってくるからです。

地震については複雑な形状にしないというのもありますが
耐震敵に有効な壁を増やしておくというのが重要になります。

雨や風での災害に対してはできるだけシンプルな屋根にして
集中豪雨が起きた時に思いもかけないけ場所から漏水する
というのを防ぐ必要が出てきます。

今まででは考えられなかったような集中的な雨量を
計測しておりますのでこれから家を建てる人は
非常に張りや欠けのない住宅を作るとのは大事になってきます。




カテゴリー: 家相,家相 方位,家相の良い家 | Tags: , ,




家相 風水の上へ

最近の投稿

プロフィール

家相学を研究しながら家の設計に携わって30年になりました。家相学は根拠のあることで家の設計に十分生きてくることがわかりました。家相学研究室、一級建築士

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村