家相 気にしない結果

住宅を新築する時に家相を気にする方がいらっしゃいます。
家相を気にしなかった結果、何が起こるのだろうと不安になってしまうのです。

鬼門の北東方向に玄関を配置しないとかトイレを配置しないとか、
また裏鬼門の南西の方向に玄関を配置しないとか
トイレを配置しないなど間取りを気にする方もいらっしゃいます。

最も家づくりに影響するのは方位以外に張りや欠けなどの問題があります。

特に最近では台風やゲリラ豪雨など雨風に対する家の強さが求められます。
そういった中で家の形状、屋根の形状を自然災害に強くしておく
というのが重要になります。

特に欠けがある住宅においては屋根の形状が複雑になってしまったり
谷ができてしまうために雨漏りのリスクが高まり
漏水の確率が上がってしまいます。

家相を気にしなかった結果、雨漏りや風に弱いなどの
災害のリスクが増してしまうのです。

または壁に入り隅があることで吹き溜まりを作ってしまうと
壁の経年劣化なども真四角の家に比べると
比較的おこりやすくなってしまいます。

家相風水と言うと心のケアなのではないかと思ってしまうのですが、
家を長持ちさせるために家の形をチェックするという考え方で
見ることにも大事な仕組みになります。




カテゴリー: 家相 欠け,家相 気にしない結果,家相 風水 | Tags: , ,




家相 風水の上へ

最近の投稿

プロフィール

家相学を研究しながら家の設計に携わって30年になりました。家相学は根拠のあることで家の設計に十分生きてくることがわかりました。家相学研究室、一級建築士

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村