家づくりで張り欠けの少ない家相が重要な理由

現代の家づくりにおいては家相などの言い伝えを気にして
家を建てるという方はそんなにないと思います。

そんな中で家相をなぜ気にしなければいけないか?ということがあります。

家相風水の中で最も気にしなければいけないのが、
住宅の間取りの張りや欠けなどになります。

特に欠けは気をつけなければいけません。
なぜならば屋根の形状に影響してくるからです。

欠けた部分があることで屋根の形状が複雑化し
特に谷になる部分が生じます。

谷になる部分が生じるとそこに多くの雨水が集中することになります。

多くの雨水が集中するとそれだけ雨漏りのリスクが高まるということになります。

現代では記録的な集中豪雨や風圧を伴う台風などの災害が起こっています。

台風の時期ではなくても集中豪雨などは頻繁に起きており
ゲリラ豪雨と呼ばれております。

その予期せぬしない集中豪雨の雨量に耐えるようにするには
屋根形状をできるだけシンプルにすることが大事になります。

屋根形状をシンプルにするには間取りをシンプルにする
というのが一番重要になります。

ですから欠けなどの家相上良くないことが起きることで
間取りが複雑化し屋根も複雑化するので
雨漏りが起きやすくなるということです。

また地震の多い日本の国土においては地震に強い住宅づくり
というのが重要なポイントになってきます。

地震に耐える住宅の作り方としては
バランスの良い構造というのがあります。

住宅の間取りに張りや欠けなどがあると
地震の力が不均質に変わってしまうことから
張りや欠けのない間取りに比べると地震に弱くなる
恐れがあるというのがあります。

災害に強くするために張りや欠けをなくす
とのが大事になってくるのです。




カテゴリー: 家相,家相 欠け,張り 欠け | Tags: , ,




家相 風水の上へ

最近の投稿

プロフィール

家相学を研究しながら家の設計に携わって30年になりました。家相学は根拠のあることで家の設計に十分生きてくることがわかりました。家相学研究室、一級建築士

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村