泥棒に入られやすい家とは?GW大型連休に注意!!

家相の中で防犯上あまり良くない間取りとされているのは
外から見えにくいくぼみある間取りになります。

というのはくぼんでいるところが周囲から見て死角になってしまうため
泥棒などの作業しているものは外から見にくく
犯罪が起こりやすいといった懸念からです。

隠れているから泥棒が入りやすいといった考え方でした。

現在ではそれよりももっと空き巣や泥棒などに入られやすいということがあります。

これは間取りとは全く関係ないのですが SNS や Twitter など
そういったもので自分が旅行中だと書いてしまうことです。

さらにブランドもののバッグを買ったとか、時計をしている
高額な時計をしている画像を SNS Instagram に掲載し
さらに旅行に出かけるというマッチングが一番泥棒に入られるようです。

というのはまずはブランドもので検索をかけて絞り込むとのことです。
それでそのブランドを持ってるお金持ちを絞り込むのです。

高額な時計を持っている人が例えばゴールデンウィークに出かけていれば
家にいないのは間違いなくいないということで
空き巣に入ってしまう。ゆっくり作業してしまうようです。

いない日を狙うということなのですですから
ブログやツイッターに旅行中でーすとか
高額なものを買ったと書き込むと検索されてしまうというので
気をつけなければいけません。




カテゴリー: 家相 防犯,空き巣 対策 | Tags: , ,




家相 風水の上へ

最近の投稿

プロフィール

家相学を研究しながら家の設計に携わって30年になりました。家相学は根拠のあることで家の設計に十分生きてくることがわかりました。家相学研究室、一級建築士

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村