トイレを鬼門方位から移動して間取りを改善する

今回は4LDK平屋の住宅を家相診断します。

玄関は東側の玄関で方位的には鬼門裏鬼門ではなく
問題のない方位の間取り図になっています。

さらに東玄関ということで
朝日の気持ちのよい玄関になります。

毎日の出勤がテンションの良い状態に保たれるでしょう。

トイレは北東の鬼門方向になるので、
寝室と水回り一体を入れ替えることで解決可能です。

寝室の窓も東向きになり、朝日の入る部屋になります。

間取りはほぼ正方形で四角い形状になっており、
張りや欠け、凸凹がないので家相のうえでは良好です。

シンプルな間取りは屋根形状もシンプルになるため
複雑な家と比較して雨漏りのリスクが軽減されます。

平屋の場合屋根のシンプルなほうが
美しい外観にすることができます。

今回の家相診断はトイレと水回りの移動の提案でした。
寝室の日当たりもさわやかになりました。




カテゴリー: 家相,家相 トイレ,家相 間取り | Tags: , ,




家相 風水の上へ

最近の投稿

プロフィール

家相学を研究しながら家の設計に携わって30年になりました。家相学は根拠のあることで家の設計に十分生きてくることがわかりました。家相学研究室、一級建築士

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村