家相 階段の位置

家の中での階段の位置について、
家の中心より外側にあったほうが良いといわれます。

その理由としては外壁側のほうが窓があり自然な光が入るためです。

階段の下のほうまで明かりが届けば
踏み外すことも少なくなるので危険が少なくなると言うものです。

現代の家のプランではリビング階段など
家族とのコミュニケーションを重視する間取りも増えて
家の中心に階段を配置することも多くなりました。

家の中心に階段があることで無駄のない間取りになることも多く
外側の階段にこだわると間取りのパターンの制限を
大きく受けてしまうことになりかねません。

足を踏み外すような暗い階段を避ければよいので
まずは照明の量を増やすとか、足元にフットライトをつけるなど
安全を確保していくことで対応できます。

フットライトはタイマーなどで暗くなると点灯するしくみで
コンセントなどもつけられるので掃除用に便利です。

自然光をどうしても入れたい場合は
階段室の2階に窓を配置するとか、天窓をつける対応があります。




カテゴリー: 家相 階段 | Tags: , ,




家相 風水の上へ

最近の投稿

プロフィール

家相学を研究しながら家の設計に携わって30年になりました。家相学は根拠のあることで家の設計に十分生きてくることがわかりました。家相学研究室、一級建築士

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村