家相の良い間取り

家相の良い間取りとは張り欠けのない間取りで
長方形や正方形の間取りを言います。

欠けがないのが良いのは屋根が複雑化しないので
雨漏りのリスクを低減して
構造的にも安定するからです。

家の配置は道路に並行して配置します。

玄関の方位は鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けて配置、
トイレも鬼門の北東や裏鬼門の南西を避けて間取りするのがベスト

ここで問題になるのがお風呂や洗面、キッチンの配置です。
お風呂や洗面、キッチンまで定石どおりに鬼門を外すと
間取りすることが不可能になってしまいます。

汚れたものができるだけないように掃除すれば
現代の設備や断熱性能では問題がないとして
玄関とトイレぐらいを気にするぐらいが一般的な考えでしょう。




カテゴリー: 家相 間取り | Tags: , ,




家相 風水の上へ

最近の投稿

プロフィール

家相学を研究しながら家の設計に携わって30年になりました。家相学は根拠のあることで家の設計に十分生きてくることがわかりました。家相学研究室、一級建築士

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村