風水 家相

良い家相というと家の形状のことや
家の玄関やトイレや水周りの方角のことを言うことがあります。

家の形状は張りと呼ばれる出っ張り
欠けと呼ばれるいえの間取りが欠けているものがあります。

真四角の家がベストなのは
欠けがあると構造的に不安定になるからです。

屋根の形状が複雑になることで、
雨漏りのリスクが高まると言うことがあります。

壁も入り済みがあると風や雨を吹き溜まりで受けて
壁からの漏水で壁の内部に水を入れてしまい
湿気を呼び込むことになります。

玄関の方位は雨風や日射の影響で
建材の痛みやすい位置を避けると言う意味合いがありま。

トイレや水周りは気象の影響で
体調に影響のない位置に配置すると言う意味があります。

風水はインテリアの色や配置などに関わってきますが
気分によっては生活リズムや仕事にも影響する
メンタルな部分を改善していく知識にもなります。




カテゴリー: 家相 欠け,風水 家相 | Tags: , ,




家相 風水の上へ

最近の投稿

プロフィール

家相学を研究しながら家の設計に携わって30年になりました。家相学は根拠のあることで家の設計に十分生きてくることがわかりました。家相学研究室、一級建築士

アーカイブ